05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
別れと成長
とうとう辞めてしまいました。バイトの先輩たち。
3年間、ずーっとお世話になってきた先輩たち。
一人は一学年上の先輩で、一人は主婦さん。
送別会では号泣でした。
この先輩たちがいなかったら、きっとアタシは頑張れなかった。
この先輩たちがいたから、ウチのお店はみんな仲良しなんだと思う。
すごく大きな存在だった。お店にとっても、アタシにとっても。
後輩アルバイトに対して、本気で怒ってくれる人たちだった。

別に今生の別れではないし、これからも何度も遊ぶ機会はあるんだと思う。
っていうか遊ぶ。
けど、もう一緒には働けない。
それが悲しい。
同じ売り場で笑いあって仕事をすることが出来ない。
それが悲しい。
ラスト出勤の日、一緒に働いていたけど、
みんな、これが最後だっていう実感がないまま働いていたと思う。
本人たちもそうだったと思う。
だって、いて当たり前の存在なんだもん。
先輩たちが、もう今後制服を着て売り場に出てくることはないなんて、考えられない。
でも、いくらそう思ったって、最後は最後なんだよね。
もう一緒には働けない。
変な気分だ。喪失感。


送別会から一夜明けて今日。
っつってもオールだったから、一夜っていう感覚はないんだけど、
とにかく今日、アタシはいつもどおり出勤した。
もう先輩たちは一緒に働くことはない。
なんだか、改めて泣きそうだった。
でも、この悲しみを乗り越えなきゃいけないんだよね。
先輩たちがいなくなったことすべてをマイナスに考えちゃいけないんだよね。
先輩たちがいなくなった大きな穴を、ウチらが埋めていかなきゃならないんだもん。
アタシも成長しなきゃ。
バイトトラックバック(0) | コメント(0) | top↑
<<で、昨日の飲み会。 | ホーム | 内定。>>














管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://paohn.blog56.fc2.com/tb.php/862-7372b48c
| ホーム |
アタシのこと

希林

Author:希林
好きになれそうな人が
現れたかと思ったけど、
一瞬の気の迷いだったようです。
好きな人と手を繋いで歩きたい。

コメントいただけると嬉しいです。
でも、お返事は苦手っていう罠。
あ、ただし、小文字とか無駄に
多用してたり、極端に乱れている
日本語を使用しているコメントは
いりません。
読み辛くて仕方ないので。

詳しいプロフィールは→こちら

アタシの本棚は→こちら

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。